ミラコスタ:スイートルーム「イル・マニーフィコ」お部屋の様子メモ1

ディズニーリゾート「ホテルミラコスタ」最上位のお部屋「イル・マニーフィコ」での宿泊メモ

今年の2月に行って、写真整理がようやく進んできたのでメモメモ!すごいお部屋でした。

ウェルカムフルーツとお花

めちゃ盛りのフルーツは、カットを頼まずにいれば持って帰れたそうです。知らなかった。

3日居たので、3日分のフルーツがおみやにできたという事になります。知っていたらおみやにしました…

カットは凝っていて、フルーツのどこかにミッキーシェイプが隠されています。毎回カットのされ方が変わるので、探すのは楽しい。

とにかく広い

このお部屋、大体普通のお部屋3つ分くらいの広さらしいのですが、とにかく広い。

広い上に銅像まである

お部屋の家具はアンティーク家具だそうです。すごい。車椅子で激突しないように気をつけました。家の壁は車椅子の前車輪激突でえぐれてるので。

部屋の中に

よく考えたら、「ミラコスタスイート」にも、部屋の中に区切りの扉がありました。

スイートって部屋の中が異空間なのですね。とりあえず、余すところなくこの空間を記憶しなければ。と必死で見つめておりました。

装飾品で混乱

銅像と

部屋に銅像!?!?!?という混乱がまずきてしまうのですが、慣れてくると挨拶とかします。

ディズニーっぽさは、ここだけ。という感じ。そう考えると少し寂しさはあるけれど、このお部屋内には完成された世界観があります。

スゴソファ

これはスゴソファ。すごいソファなので。

高級感丸出しという感じのファブリックでズドン!という感じのソファでした。こんなのドラマの中の大富豪の家でしかみた事ないです。実際にお目にかかれる機会など、そうそうない気がする。

ツボ

何の壺なのか、わからないけど壺。そしてシンメトリーにあかり。

ちょっとした部分でも、細かい装飾がぎっしりでした。装飾の本でも、こんな模様見たことあります。植物モチーフっぽいです。

こういう柄が流行った年代とかを調べたら、この部屋のテーマもはっきり見えてくるのかもしれない。

全体的に、ちょっとゴテっとして重厚。特別感を際立たせるための家具たちでした。これはすごいですね、お部屋の中を見回って、1日終えられそうなくらい、細かい部分まで見応えありでした。

2へつづく!

ABOUT US

やとりえきままイラストレーター
イラストや漫画を描きながら暮らす。 ねここそ全て。 脊損での旅、日常、移動レポ等。 その他便利だった画材、道具もろもろ。 自分ライフハック。