ディズニーシー:ダイナートレーデザインメモ

シーの中にあるレストラン。トレーのデザインをいくつかメモメモ

ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ

ブラザーズと聞いただけで、大体マリオしか思い浮かばなくなる体質。

ワイナリーとオリーブオイルを手がけるザンビーニ・ブラザーズの開いたレストラン。という事で多分、ぶどうとオリーブが描かれているのですね。

ドックサイドダイナー

船着き場のそばのダイナー。

中には積荷がいっぱいでした。コロンビア号の停泊する港だから、写真がコロンビア号なのかしら。コロンビア号、いつもはこうして大海原を旅しているのですかね。

木目調デザインにレトロアメリカンという感じのフォント。

ケープコッドクックオフ

ケープコッドクックオフも、アメリカンウォーターフロントの一部。というのを私、最近認識しました。

ケープコッドはケープコッドなのだと思ってた。

田舎の港。という感じなのかしら。レトロな色使いとストライプが可愛らしいです。

「海外ドラマに出てくるハンバーガー店」を思い出します。シンプル、レトロ、可愛い。

コカコーラがやってるお店なので「コカコーラ」に加えて「コカコーラゼロ」もメニューにあります。

セバスチャンのカリプソキッチン

トレーにはキャラクターのセバスチャンが描かれています。

上記3つのお店にはない、ディズニーキャラクター色の強目なデザイン。

セバスチャンはアリエルを追って人間の城へ行った時にひどい目にあったのですが、ここではシーフードを使ったお料理を出してます。

映画の中で「人間は魚を食べる」と恐ろしがってた気がするのだけど、今や友好関係のある人間界にシーフードを提供しているとは…とか色々思いながらも、フードメニューは美味しいのでオススメ系レストランの一つになりました。

色々考えながら食べられるので、私個人的には楽しいレストランです。

そのほか、またトレーメモが増えましたら追加していきたいと思います。

ABOUT US

やとりえきままイラストレーター
イラストや漫画を描きながら暮らす。 ねここそ全て。 脊損での旅、日常、移動レポ等。 その他便利だった画材、道具もろもろ。 自分ライフハック。